TOPページ > 修理・施工一覧 > ガラスコート > スーパーガラスコーティング

スーパークオーツガラスコーティング

スーパーガラスコーティングを行いますと、
新車ご購入の時に、施工すればいつまでも新車時のままを持続できます。
水あかなどで今までお困りの黒染みなどが、水洗い洗車のみでキレイに元どおり!
不思議なコートです。

自動車に限らずバイクのタンク&カウルパネル等へも施工可能です。
宜しければお電話で見積もり等致しますのでお問い合わせ下さいませ。

ワックスを使わなく洗車のみで綺麗さが持続します。
(メンテナンスクリーナーを使ってメンテをして頂けますとより一層持続します。)

施行の流れをご紹介

新車が入庫しました。

新車だから綺麗なのはあたりまえですが・・・でもね。

高圧洗車スチームで土ぼこりなどタイヤハウスやステップの裏面など丁寧に洗い飛ばします。

特殊な洗浄剤を濡れたボディーに吹きつけます。

その上からトラップ粘土と言う柔らかい粘土で新車完成から当方工場へたどり着くまでに付着した不順物(鉄粉など)を丁寧に付着取っていきます

その後柔らかな専用スポンジで車、全体を洗浄します。

ドアの中面も洗剤にて洗浄しながらふきあげていきます。

水分を丁寧に吸い取り拭き上げます。

ボディーのピラー関係(ドアの開けた中側)にはグリス(油)などの飛び散りがありますので入念に除去洗浄していきます。

洗浄が完了しましたのでエヤーガンで吹き飛ばし水を切りながら吹き上げて水分を除去していきます

専用ポリッシャーで微粒子コンパウンドで磨き込み小さな傷など見え難いウォータースポット(水の滞在して付くリングマーク)等をクリーンルームの光にあてて検索しながら磨き取っていきます、これが一番仕上げで左右する時間の掛かる作業です。バンパーなど窓枠に見えます黄色い物はコンパウンド等が樹脂などに付着しない様にマスキングテープで貼って保護しています。

それではスーパーガラスを施工していきましょう。
この塗り付け作業は碁盤の目の様に丁寧に特殊ワイパーで施工していきます、範囲は広くせずボンネットでしたら4分割づつ分けて施工していきます。

施工したらすぐにそのガラスコートを特殊なマイクロクロスで丁寧に拭きのばし施工します。

その次にマイクロクロスの新しいクロスで完全に拭き仕上げてこの部分の施工が完了です
これを車全体を施工して廻ります。ドアの中など塗装面、ボンネット、リヤーゲート裏等はオプション施工(別料金)で同じ様に施工します。

ナンバープレート・ナンバーリム・ナンバーボルト・封印などもすべて別途施工致します。

ご意見・ご質問や自動車の事故修理などのお見積もりご相談はこちらから。電話0749-28-2624、またはお問い合わせフォームからどうぞ