シルビア S15

あなたのキズついたお車を、元どおりにするお店です。
事故は当然訪れるものです。ほんの一部ですが、当社の修理工程をご覧下さい。

出会い頭での衝突事故です、このお車はどの様な損傷でしょうか、作業開始です。

損傷具合の検証

右側からの入力が加わっているのは分かりますね〜。

左へ フレームが振ってるみたいですね。

ラジエターサポートも だいぶん陥没してます。

バンパーが左へはみ出しているのが分かりますか。

左側はあまり損傷が無い様に見えます。

バッテリーの位置もバッテリーを見れば歪みが分かりますね。

右側の陥没状態です、バッテリーがはさまってますね。

付属破損パーツを取り外して行きます。損傷部分がだんだん見れて来ましたね。

右側のインナーです。

右側 サイドフレームの先端部位です。来てますね〜。

真直ぐ前から見ますとフレームの振れが分かります。

左は上側も先端も折れてます。

右前 インナー

ヘッドランプの陥没で結構入ってますね。

分かり難いですが先が下へお辞儀してます。

左のサイドフレームの曲がりです。インタークーラーを外しましたら発覚致しました。

右側フレーム です。
ラジエター・コンデンサーを取り外しますと全貌が見えて来ましたね。

上から見た状態です。スタビライザーの振れが分かるかな?
分かった人は 鋭い目の持ち主ですね。2cmはずれてます

第一メンバーが前から見て左側が上がってるのは分かりますか。

右フレーム先端部位

右と比べれば 形の違いは分かりますよね。でも上が少し外へ行こうと曲がってますね。

左の先端部位の左曲がりがこの角度からなら分かりやすいですね。

綺麗に陥没してますね。

これは右の部位を上から見た 先端部分。バッテリーの乗る台が結構曲がってますね。

修理の流れ

ジグ修正機に測定固定していきましょう。

エンジンは上から吊るし上げフリー状態に。

エンジンメンバーの取り付け部位に固定。この状態で高さと触れを戻して行き完全固定。

この前4本ジグは高さ・幅・対角の寸法は合いました。

先端部位のフレームはまだ右上り、左下がりが分かります。

ではひき作業に入ります。

まずは柔らかいパネルへ何ヶ所もクランプを取り付け振れとインナーを鈑金していきます。

入力角度と反対方向へ引きましょう。

点数の多い方が綺麗に出てきますね。

フレームも一緒に戻しましょう。

右側のフレームの高さが直りました。

右側先端部位は 鈑金してお化粧直し しました。

新品パーツはASSYでありますので古いパネルをすべて取り外しました。

インナーパネル等は鈑金で修正しました。

曲がりがなくなりましたでしょ。

こうして小さい所も鈑金して 新品パーツを取り付けます。

新品パーツをスポット溶接で接合後、これからお化粧の下地塗装を致します。

今のお車は外の色と中側の色が全然違いますから何色も調色して塗装していきます。

これはニッサンの下色です。

そして中 用のお化粧塗装をして。

第一メンバーはバンパーの隙間から見えますのでブラックのつや消しで塗装します。

新品の付属パーツを組み付けて行きます。

これで骨格と軌道装置はすべて取り付け 油脂類を注入してエンジン始動です。

これからが一番の腕の見せ所
ベースコートをムラ無く塗装を致しまして。

左右のフロントフェンダーを交換致しましたので左右のドアパネルへベース色をボカシ塗装します。

そして全パネルをクリヤー(透明の用材)をすべてに塗装していきます。

これで塗装の仕上げが完成です。
お疲れ様でした。

外装パーツを新品を取り付けて完成です。

最後までご覧頂き有難う御座いました。

ご意見・ご質問や自動車の事故修理などのお見積もりご相談はこちらから。電話0749-28-2624、またはお問い合わせフォームからどうぞ