TOPページ > 修理・施工一覧 > 鈑金・フレーム修正・塗装 > スバル・インプレッサーWRX−STi

スバル・インプレッサーWRX−STi

あなたのキズついたお車を、元どおりにするお店です。
事故は当然訪れるものです。ほんの一部ですが、当社の修理工程をご覧下さい。

横からの側衝突事故でのバナナ変形修正
アンダーボディーのサスペンションなどの取り付けボルト位置を利用して寸法通りにジグタワーで高さ・幅など寸法通りに固定して事故で入力した部位を固定して修正して行きます。

    

    

修理工程のご紹介

アンダーボディーのサスペンションなどの取り付けボルト位置を利用して寸法通りにジグタワーで高さ・幅など寸法通りに固定して事故で入力した部位を固定して修正して行く。

入力の強い部位などはサスペンションメンバーなどすべて取り外し固定修正して行く。

センターピラー部位からステップの部位の入力がとてもキツイ。相手は車で側面からの衝突で衝突の強さが良く分かります。この様な変形をバナナ変形と言います。

フロントピラー(前のドアの取り付け部位の柱)・床・(フロアーシート下)ルーフパネル・(天井)センターピラー(真中の柱)クオーターパネル (後のタイヤの上のパネル)にまで波及が見られる。

ポンプ式修正機を用いて骨格を引き出し基準寸法通り修正をして行く。

骨格が寸法通りに粗だし修正が出来れば新品パーツの交換出来る様に内側のパネル類をを取り除き交換しないパーツを鈑金してならして行く。

この作業でならしたパネルが寸法通りに出来ていれば新品パーツを合わせて行く。

新品パーツの必要とする部位のみをカットして溶着(溶接)して行く。継いだ箇所を削りならし パテ等で平らにして行く。

黒い部分が新品パーツで白く見えている部分が溶接接合後パテにて修正している作業工程の部分です。

新品のドアを仮止めして寸法確認をして調整して行く。

新品のパーツはすべて錆び止めにコート塗装してあるだけなので横の写真のドアの様に2液の下地サフェッサーと言う下地を塗付しておく。

これで鈑金・交換が完了しました(カンペキ)。後は塗装作業に入って行きます。

裏側の塗装で室内に塗装が飛び付かない様にビニール等で貼って行く。

白い部分が鈑金等を完了した個所で後はペーパー等で足つけをして塗装の段取りが完了した所です。

ボンネットなどは相手のガラス片などが飛び散りキズが付いていました。

塗装完了

塗装後、高温焼付をします。
骨格が寸法通りに粗だし修正が出来れば新品パーツの交換出来る様に内側のパネル類をを取り除き交換しないパーツを鈑金してならして行く。

ご意見・ご質問や自動車の事故修理などのお見積もりご相談はこちらから。電話0749-28-2624、またはお問い合わせフォームからどうぞ